おきにいりきじのほぞんはアプリがべんり!

logo_1101

2019-10-20

おしらせ

いといしげさとがまいにちかくエッセイのようなものきょうのダーリン

・こどものころに「びっくりしたこと」は、
 そのあと、ねんれいがうえになるにつれてびっくりしなくなるが、
 そんなことにはかんけいなく、
 「こどものころにびっくりしたこと」として、
 きろくしておくといいとおもうんだ。
 だんだんびっくりしなくなると、
 「びっくりしたこと」をわすれちゃうからね。

 おばけがこわかったとか、プールのあとのかきごおりだとか、
 みのがせなかったテレビばんぐみのことだとか、
 いかにもなおもいでばなしてきなこともわすれないでおきたいし、
 こいみたいなものをいしきしはじめたころ、
 どういうまちがったことをそうぞうしていたかとか、
 どんなふうにうれしかったりこわかったりしたかとかを
 わすれないことは、なんか、いいことのようにおもえるんだ。

・いま、ラグビーをこれまでいじょうにしんけんにみているぼくは、
 もう、すうかげつまえのころみたいに
 スクラムハーフのたなかしろうせんしゅのことを、
 「たまごどろぼう」なんてよべなくなっている。
 だけど、あのころの「たまごどろぼう」というみえかたは、
 せいかいじゃないけどやっぱりしんせんなので、
 わすれちゃってきえちゃったらもったいなかった。

 にんげんって、なにかにじょうたつしたり、
 それをたやすくできるようになると、
 うまくできなかったときのことをわすれちゃうものだから、
 あとからはいってくるひとのきもちがわからなくなるんだよね。
 それで、しょしんしゃをちょっとしたにみたり、
 なかまにはいれないようにかべをつくったりするものなんだ。
 だから、「しょしんしゃとかしんまいとかがいごこちのいいばしょ」を
 つくったらうまくいくんじゃないかとおもったんだ。
 それで、ラグビーのせかいに、「ニワカ」のファンが
 どうどうといられるかんきょうをつくろうよ、といったんだよね。
 「NIWAKA DE GOMEN」のTシャツとかつくったのも、
 そういうつもりがあったんだ。
 で、こんかいは、それがいいかんじでうまくいったきがする。
 「ニワカがふえていやだねぇ」とかきこえてこないもの。
 うまれたとたんにくわしいひとなんて、ひとりもいない。
 あかんぼうのうぶごえは「ニワカです、よろしく」のあいさつだよね。

きょうも、「ほぼにち」にきてくれてありがとうございます。
やきゅうもおもしろいけど、ラグビーたまらないね、こんやも!


ここ1しゅうかんのほぼにちをみる コンテンツいちらんをみる



カート
このページは、ひらがなか利用(りよう)してひらがな()されています。